ウーマン

大腸内視鏡検査を受けて適切な治療を受ける|改善策はきっとある

毎日運動をする

笑顔の老人

糖尿病を改善するためにはいくつもの方法があり、そのひとつが運動です。人によって適した運動方法があるので、医師と相談し、無理なく毎日続けていけるウォーキングやストレッチなどを行なうと良いでしょう。

もっと読む

病気に負けない体を作る

検診

免疫力を高める、腸内環境を正常化する、という言葉をよく耳にしますが、免疫細胞の仕組みを理解すれば意味が良く分かるものです。普段の食事で乳製品や発酵食品、食物繊維が豊富な食品を取り入れて、病気に負けない体を作りましょう。

もっと読む

日中の耐えがたい眠気

看護師

睡眠時無呼吸症候群は眠っているときの症状だけに、なかなか気がつきにくいものです。大きないびきをかく、熟睡感がなく日中強い眠気に襲われるなどという症状がある人は、一度専門の医療機関を受診しましょう。

もっと読む

子宮の病気について

ドクター

内膜が他臓器に出現します

子宮内膜症は子宮内膜が卵巣や直腸などに出現し、様々な症状を引き起こす病気です。明確な原因が掴めていないことから、一般の西洋医学的な治療ではアプローチでは限界があるのが本当の所と言えます。子宮内膜症になると、子宮環境が悪くなる傾向があり、不妊の大きな原因になるとされているのです。漢方では、子宮内膜症に様々な病証が関わっていると考えます。血の流れが滞る、血や気の流れがスムーズにいかない気滞、水分代謝が悪い水毒といった複数の要因によって引き起こされる病気と認識されているわけです。従って、子宮内膜症を改善するためには、様々な方向からアプローチを仕掛けていく必要があります。こうしたことから、全身状態を良くする生薬などが子宮内膜症の漢方治療では選択されることが多いのです。

今後の治療について

最近では、子宮内膜症の治療のために漢方薬局を訪れる女性も増え始めています。一般の産婦人科で治療を続けていても中々回復しない場合には、最後の砦として漢方薬局で相談を行うケースも多々あるのです。実際、血液や気の流れ、水分のバランスは西洋医学では改善が難しいと言えます。こういった様々な問題に一度にアプローチ出来るのは、やはり漢方薬をおいて他にないわけです。漢方薬は、現在様々な病気の治療でも使われるようになっています。副作用が少なく、個人に合った方法で症状を改善出来る点が特に人気を集めているわけです。今後は、子宮内膜症に悩む女性が、今以上に漢方薬に魅力を感じるようになると予想されます。漢方薬の効果が注目され始まったことで、利用者がさらに増えていくと考えられるのです。医療は東洋医学を始め、最新医療も進化し続けています。がんを早く発見するための大腸内視鏡検査といった検査方法も、注目すべき医療の一つです。大腸内視鏡検査のように検査をしっかり受けておけば、がんを早く治療することができるでしょう。